ユーザー情報

ユーザー情報

野菜ゆで
野菜をゆでると色鮮やかに
us_07_01
アルカリイオン水を使って野菜をゆでると、
塩を加えなくても青菜などが色鮮やかに仕上がります。


ほうれん草を使った実験では、加熱後のビタミンCが浄水と比較して倍以上残ることが確認できました。
サラダなどの下ごしらえにも大活躍します。
浄水で100g中12.0mgなのに対して、アルカリイオン水は28.9mg







野菜を加熱調理するとやわらかくなる!!

ダイコンを色素液中で加熱し、侵入した色素の距離の長さを測定してみると...

 ■色素の侵入距離(mm)
 
浄水
アルカリイオン水
消火後20分
6.50±0.58
8.25±1.26
消火後120分
7.00±0.82
9.00±0.82

アルカリイオン水で加熱すると、浄水で加熱したときよりも色素の侵入距離が長くやわらかくなっていると推測されます。

【ワンポイント】

野菜が加熱調理によって軟化するのは、細胞壁多糖であるペクチンが分解し、水溶性に変化するため。アルカリイオン水で加熱した野菜の水溶性ペクチン量は、浄水を用いた場合よりも増加します。


活動と組織

アルカリイオン整水器について

アルカリイオン水の効果


c 2016 アルカリイオン整水器協議会.